健康と美しさのカギ《脳脊髄液》

脳脊髄液は脳内で作られる無色透明な液体で脳にあるすべての神経の“栄養”となります。

理想的な状態であれば頭蓋骨の動きによって体内を5~7時間で循環し、脳から出た指令や栄養分を全身に送り届けています。
一定の量がスムーズに循環することによって頭部のバランスが整い、体内環境を良好に保つことが出来ているのです。

ヒトの三大体液

血液   …細胞の栄養や酸素を運ぶ。
リンパ液 …体内の老廃物などを排出する。
脳脊髄液 …神経の栄養素となり、脳からの指令や栄養分を全身に送る。

呼吸時での頭蓋骨の動き

脳脊髄液を守っている髄膜がポンプのような役割で収縮運動を行うことで頭蓋骨の縫合部分(骨と骨の繋ぎ目)がごく僅かに可動し、一定のリズムで膨らんだりしぼんだりして脳圧の調整などが行われています。