坐骨神経痛でお悩みの方

  • 腰痛がなかなか抜けず、臀部にも響く
  • お尻~足にかけて、痛みやしびれが出る
  • 体を動かすと、痛みやしびれ部分が悪化する
  • 前に屈む・後ろへ体を反らすと、痛みやしびれ
  • 足の痛み・しびれのため、夜に寝付けない
  • 足に力が入りにくくなり、動作に支障が出る
  • 下半身の筋肉の太さに左右差を感じる
  • 足・臀部の痛み、しびれで座るのが辛い
  • 足を触ると、感覚が鈍くなっている状態

神経痛というぐらいなので病名と思われがちですが、実は『坐骨神経痛』とは病気の名前(病名)ではありません。いわゆる症状名というものです。

主な原因とその特徴

『坐骨神経痛』は、お尻や太もも・すね・ふくらはぎ・足にかけて痛みやしびれが出るのが代表的で、ふくらはぎの緊張、締めつけ感などの症状を伴うこともあり、40代以降の中高年の方に多く見られるのが特徴です。

『坐骨神経痛』の原因は様々であり、原因により出る症状も変わります。要するに、個人差が激しいのです。他人の症状を聞き、自分と違うな~と思う方もいるかもしれませんが、原因箇所が違う可能性が高いため、症状が違うのは当たり前のことなのです。

ちなみに40代以降の中高年に『坐骨神経痛』のリスクが高まるのは事実ですが、実は『坐骨神経痛』は若年層にもみられる症状です。肉体労働や、1日ずっと座りっぱなし、など体への負荷が大きい方は誰しも起こる可能性があります。20代・30代の方には無関係、なんて事はありません。

当院で見る傾向としては、姿勢の歪みや神経近くの筋肉が過緊張になっているなど、均衡の崩れにより周囲の神経を圧迫、そのダメージ蓄積され過ぎが原因となっているのが大半のケースです。

ゆえに、施術もそれらの正常化を目指すことがアプローチの基礎となります。
各々の状態(症状)に合わせて、発症の原因箇所を探っていきます。

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る