その他の症状でお悩みの方

肉離れ・捻挫・挫傷

急な運動が身体に負荷をかけ、筋肉に力が入っているときに、強制的に引き伸ばされることで肉離れ。直接、筋に外力が加わり、その筋肉が部分的に切れる・出血してしまう挫傷。関節の運動許容範囲を超えることで捻挫は起きます。

皮膚を傷つけたりすることと同じで、肉離れ・捻挫、挫傷を起こすと、組織の中で出血を起こし、筋肉が固まり、他の筋肉にまで悪影響を与えてしまいます。

肉離れ・挫傷は損傷した筋肉の動きが悪くなり、捻挫の場合は関節が緩くなることで、日常生活に支障をきたすため、怪我をしてしまったらすぐに来院して頂き、早期改善することをオススメします。

仮に改善されていないままスポーツや仕事を続けた場合、受傷部位からの出血が起こり、これらが「血腫」を作ります。
この時、「瘢痕組織・肉芽組織」という筋繊維が修復・再生したものではない、全く違う組織で埋められています。

このようにしてできた瘢痕は筋肉とは質感が全く違うだけでなく、柔軟性に乏しく血行も悪い為、大きな違和感をもたらしたり、疲れやすく痛みを繰り返しやすい状態になります。

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る