その他の症状でお悩みの方

膝痛

中高年で多く発症する膝痛の多くは、膝関節内部の変形によって、痛みが生じる、変形性膝関節症であると言われています。

この病気は、膝関節内部の軟骨が摩耗し、摩耗した物質が関節に刺激をし、炎症を起こす、あるいは、軟骨の減少で関節のかみ合わせが狂い、その影響で摩擦が生じる等が要因となって発症すると考えられています。

膝痛の原因

膝痛の原因は、大きく分けて二つ考えられます。

一つは、膝の外傷によって膝周辺部に細菌が入り、化膿性関節炎等がひきがねとなって発症する場合。
もう一つは、原因不明の膝関節痛です。しかし痛みの状態は、神経障害、いわゆる神経痛が絡んでいるケースが多く、カイロプラクティックの治療で痛みの大半は消失します。

膝痛の場合、膝関節内部の状態だけがすべての痛みの原因ではなく、臀部、大腿部、下腿の筋の緊張もかなり関係しています。

膝痛の要因として、背骨、骨盤のゆがみがあります。関節の亜脱臼、骨格にゆがみがある場合は、その部位を調整することで筋の緊張は解かれ、膝関節にかかる負担が少なくなり筋の緊張によって過敏に反応していた神経が落ち着き痛みは和らぎます。

膝関節症は膝に水(関節液)が溜まることもあり、膝そのものに全ての原因があると思われていますが、いちがいにそうとは言えません。人間の身体は、部位を問わず、使わないと退化しますが、負荷をかけて刺激的に使えば深部の毛細血管にも栄養を送り届けることができます。

それによる循環作用で、免疫力も惹起され、身体が活性し、病んだ場所を元に戻そうとする自然治癒力が働きます。

又、膝は、平地を歩行中、体重の約3倍、走行時約10倍、階段の昇降約7倍の負担がかかるため障害が生まれやすいのです。

膝の痛み改善の為の重要なポイント

大きなゆがみを原因から取り除いていきます。
今の体のゆがみの原因を取り除くことで自然治癒力の働ける環境を整えていきます。
負担がかかりサビついた部分にまでアプローチします
大きなゆがみを整えても残ってしまう細かいゆがみを整えていきます。
子どもの頃からの慢性的なゆがみを変えていきます。
慢性的なゆがみを整えることで体のレベルをあげていきます。

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る