その他の症状でお悩みの方

股関節の不調・つらさ

不調・つらさの原因

股関節は腰椎5番、仙骨、寛骨と共に骨盤を形成する部位です。

そのため股関節の症状や可動性は股関節だけの問題ではなく、骨盤全体のゆがみが影響を及ぼします。骨盤がゆがんでしまい柔軟性がなくなった結果、股関節の負担を逃がせなくなるため、股関節に痛みが生じてきます。ですので根本的な原因は骨盤がゆがんだ結果、柔軟性がなくなることなのです。

また股関節だけの問題としては、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全、変形性股関節症、大腿骨頭骨折等が多く知られています。

先天的に股関節に問題がある場合は劇的な改善は難しいですが、骨盤にゆがみがあることで慢性的に負担を受けてしまう結果として痛みや症状が表れている場合はゆがみによっての痛みに対しては改善が期待できます。

股関節の痛み改善の為の重要なポイント

股関節の柔軟性
股関節は寛骨と大腿骨の関節です。関節の種類としては、球関節といわれます。関節の部分は、丸いボールのような大腿骨頭が骨盤にある半円状の寛骨臼といわれる部分にすっぽりと収まっています。

しかしこの構造を支えるために数多くの靭帯や動かすための筋肉が股関節に付着しています。この組織が緊張していたりこわばっていたりすると、正常な動きができず、痛みや症状を発症してしまいます。

当院では、このような関節のかたさや緊張を取り除き、柔軟性を取り戻すような治療を行います。

骨盤の柔軟性
股関節が正常な動きをするためには骨盤も正常な動きができていなくてはいけません。骨盤にゆがみがありスムーズな動きが出来ない場合、体はその分の動きを股関節で補おうとします。

しかし、股関節にしてみれば過剰な負荷を受けるので靭帯や筋肉にも大きなダメージとなります。 そのため、まずは、骨盤の柔軟性をつけ、股関節に過剰な負荷をかけないバランスにすることが重要になります。

当院では大体2~3回ほどでバランスが安定する方が多いです。

正しい重心
重心は骨盤のゆがみに大きく関係してきます。ゆがんでいる骨盤では、バランスが悪く左右均等に体重が乗せられないだけではなく、股関節が位置してしまうため、見た目の姿勢では猫背になってしまうことが多いのです。

立っていても座っていてもこの状態でいることは、股関節だけではなく全身に負担がかかってしまいます。そのためしっかりと重心の位置を正常に持っていかなければならなりません。

重心が正常にな位置に安定してくると、股関節だけでなく猫背なども改善する事が多いです。

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る