神戸市 整体 神戸北カイロプラクティック・整体院 HOME > 肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

その他の症状でお悩みの方

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)とは肩関節の周囲に起こる炎症のことで、腕の上げ下げやねじるといった動作の際に肩の背中(後ろ)側に痛みを生じます。

また、外から押した場合は肩の背中(後ろ)側はあまり痛みを感じなくても、肩の胸(前)側を押すと強い痛みを感じさせます。

肩関節周囲炎は同じ肩首まわりのつらさとして「肩こり」とよく混同してしまうこともありますが、実は別物です。

肩こりは首や肩の筋肉が疲労し血液の循環が悪くなることで、痛みや張り感、重だるさといったつらさが生じる『筋肉の疲労』です。

それに対して肩関節周囲炎は肩峰下滑液包(上腕骨頭と肩峰の間にあり、肩関節がスムーズに動くようにクッションの役割をしている部分)や上腕二頭筋の腱の炎症、筋腱組織に溜まったカルシウム塩(石灰沈着性腱板炎)の炎症、上腕骨頭を取り巻いている筋腱組織の損傷や断裂など『関節部分の炎症』とされています。

もちろん、長時間、背中を丸めた姿勢が続いたり、日頃の運動不足など、普段の生活習慣も関連しているのと思われます。

肩関節周囲炎は男女を問わず40代以降の中高年に多い見られる傾向がありますが、その原因は明らかになっていないのが現状です。

つらさが生じる具体的な動作としては髪を結う、帯を結ぶなどのいわゆる「腕を後ろ手に回す」ような場面で痛みが出てきます。

神戸北カイロプラクティック・整体院では肩関節に癒着した部分を的確に捉えた上で、効果的な施術を行っていきます。

肩関節周囲炎は1年~2年くらいで自然と痛みが緩和されると一般的には言われていますが、自然の流れに委ねることで関節が制限された可動域の状態を覚えて、発症前に比べて肩の可動域が制限されてしまうケースもあります。

自然に治まることもあるとはいえ、1年~2年もそのつらさと付き合わないといけないのはかなりのストレスですよね!

神戸北カイロプラクティック・整体院の施術を体験されたお客様の中には1回の施術で肩関節の可動域が広がり、施術前と比べて劇的につらさが軽減するケースもあります!

正直なところ、1回の施術ではつらさが取り切れないお客様もいらっしゃることは事実ですが、そんな方でも長くても数カ月でかなり改善されています。

施術以外にも普段の生活上で気を付けるポイントなど症状の早期改善に向けたアフターケアについてもしっかりアドバイスさせていただきますので、お悩みの方はぜひ神戸北カイロプラクティック・整体院と一緒にがんばりましょう!!

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る