その他の症状でお悩みの方

ぎっくり腰(急性腰痛症)

「ぎっくり腰(急性腰痛症)」になってしまうとほとんどの人はその場から動けなくなるほどの激痛を経験します。

その激痛は何の前ぶれもなく突然に起こるので、ヨーロッパでは「魔女の一撃」とも言われています。

発症のタイミングとしては何か重いものを持ち上げたり、普段にやらないような動きを急に行った時に起こりやすいとイメージされがちですが、実際には日常から慣れた動作中や特に重いものを持ち上げなくても起こり得ます。

さらにぎっくり腰の症状というのは急性の一時的な腰痛と元々は考えられていましたが、適切なケアを怠るなど、つらい状態を長引かせることで慢性的な腰痛に悪化してしまうケースもあります。

症状が落ち着いたかなと感じたら早め早めケアにしていくことが非常に重要です。

また、ぎっくり腰はいくつかのタイプに分類できます。

☆椎間関節性腰痛症(急性)
背骨に物理的なストレスがかかることで痛みが引き起こされます。
関節が強く引き伸ばされたり、小さな傷が生じている状態で「腰部関節のねんざ」とも言われる。

☆筋膜性腰痛症
活動時の無理な体勢によって起こる事が多く、筋膜や筋肉が急性的に損傷している状態。
疲労が長時間、蓄積した筋肉状態のままで、体動することによって筋や筋膜が損傷し、激しい痛みが生じます。

☆椎間関節捻挫(急性)
激しく身体を動かすようなスポーツをしている人や肉体労働などの重労働をされている方に多い傾向があります。
腰を強く捻る、重いものを勢いよく持ち上げるなど関節にかかる圧力が急激に増加することで関節包(関節を包む組織)や靭帯が引き延ばされて、激しい痛みを生じさせます。

☆仙腸関節捻挫
長時間に渡って中腰の姿勢をする機会のある方、妊婦や分娩後の女性には特に多く見られます。
骨盤は仙骨・坐骨・腸骨で形成されており、このうち仙骨と腸骨の接続する部分(骨仙腸関節)がバランスを崩した状態のまま固まってしまうことで、痛みが生じさせます。

☆椎間板ヘルニア(急性)
背骨と背骨の間で『緩衝材の役割』をしている椎間板が腰の疲労蓄積やケガ、遺伝などn様々な要因によって外へ飛び出し、周辺の神経を圧迫するために激しい痛みが生じます。

神戸北カイロプラクティック・整体院では、ぎっくり腰の原因と根本的な痛みの箇所を事前のカウンセリングと検査で的確に把握し、アプローチしていきます。

一日も早くつらい「ぎっくり痛」とサヨナラして快適な毎日を取り戻していきましょう!

神戸北カイロプラクティック・整体院

■所在地 〒651-1132 神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F
■行き方 神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分
■院長  藤井 健人

■定休日

月・祝

078-597-6308(予約優先制)
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

お気に入りに追加
           当院の施術を受けたお客様の喜びの声
オンライン予約
その他の症状でお悩みの方
女性に人気の当院一押し美容メニュー
           マタニティ出産後の方へ
           カイロプラクティックがはじめて方へ
           メディカル頭皮ケアがはじめての方へ
           施術の特徴
           どのコースが良いのか迷っている方へ

営業時間

平日 9:00~21:00
(当日受付 18:30まで)
土日 9:00~17:00
(当日受付 15:30まで)

定休日

月・祝

所在地

〒651-1132
神戸市北区南五葉1丁目2-18 Glanz2F

アクセス

神戸電鉄「西鈴蘭台」駅 徒歩1分

電話番号

078-597-6308

責任者

藤井 健人

神戸北カイロプラクティック・整体院
スタッフBLOG
モバイル会員募集中!!
メディカル頭皮ケア
出張施術サービス
KCS整体スクール
オーナー様へのご案内